Jリーグ

フェルナンドトーレス 移籍先が鳥栖に決定?師匠とは?イケメン画像も

W杯ロシア大会で日本が決勝リーグに進出し、熱狂が冷めやらぬ中、日本サッカー界にまた、うれしいニュースが飛び込んできましたね!

元スペイン代表で活躍したフェルナンド・トーレス選手のサガン鳥栖移籍が、基本合意に達したことが判明。関係者によれば年俸75000万円の3年契約だそうです。

今からW杯後のJ1再開が楽しみですよね。

 

今回は、

・F・トーレスはどんな選手?

・師匠とは?

・F・トーレスが鳥栖に移籍の理由は?

・Jリーグでのデビュー戦は?

・背番号は?

それでは、さっそく見ていきましょう。

 




F・トーレスはどんな選手?

国籍:スペイン
生年月日:1984320日(34歳)
出身地:フエンラブラダ
身長:185cm
体重:78kg

(引用:ウィキペディア)

 

フェルナドトーレス選手は、とにかく、イケメンで、あの、サッカー界の貴公子がベッカムなら、F・トーレス選手は、エルニーニョ(神の子)、また、スペインでは、王子様とも呼ばれていました。

女性ファンも多く世界的にも大人気の選手です。

 

プレースタイルは、身長185センチと恵まれた体格を生かして、力強いポストプレーや空中戦の強さ、ディフェンダーとの駆け引きなどが評価される一方、優れた加速力、スピードと決定力、また、多彩なフィニッシュパターンを持ち、相手ディフェンス陣の裏のスペースに走りこむスタイルが持ち味です。


F
・トーレスは、若くして10代の頃から頭角を現し、アトレティコ・マドリード、リバプールで成功を収めましたが、チェルシー移籍後は、急激に不調となり、得点が取れないフォワードとして、「師匠」と呼ばれるようになりました。

師匠とは?

ゴール前で決定的なシュートを外す人につけられるアダ名。

引用:サッカーファンが使うサッカー用語・スラング・あだ名まとめ2012

現在は古巣のアトレティコに戻り、かなり復調したものの、まだ、全盛期のパフォーマンス

を取り戻すことが出来ていないと思われます。

2001-2007  アトレティコ・マドリード 214試合 82ゴール

2007-2011  リヴァプール 102試合 65ゴール

2011-2015  チェルシー 110試合 20ゴール

2014-2015   ACミラン (loan) 10試合 1ゴール

2015-2016   ACミラン 0試合 0ゴール

2015-2016    アトレティコ・マドリード(loan) 49試合 14ゴール

2016-2018    アトレティコ・マドリード 47試合 10ゴール

所属したチームは何処も世界的に有名はビッククラブばかりですよね。

スペイン代表でも、かなり得点を奪えず苦しみました。スペイン代表のポゼッションスタイルが合わなかったのかもしれません。

F・トーレスは、早熟なプレーヤーなのかどうかは、今度の移籍先サガン鳥栖で明らかになると思います。

是非、サガン鳥栖では得点を量産して、F・トーレス選手の全盛期の雄姿を見ることができることを期待したいですね。

 




 

F・トーレスが鳥栖に移籍の理由は?

やはり、年齢も34歳となり、若いころのように、リーガエスパニョーラや、プレミアリーグなどの主要なリーグで戦うよりは、アジア、アメリカのリーグを選択肢として考えたのではないでしょうか。

当初は、中国リーグの『大連一方』やアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)の『シカゴ・ファイアー』が獲得に乗り出している報道がありました。

なかでも、中国リーグの『大連一方』は、約20億円の年俸を用意していると報じられており、当初、サガン鳥栖が提示した約5億円の年俸を遥かに上回っていました。

それでも、日本へ選択してもらえたのは、F・トーレス選手は,「キャプテン翼」大ファンであり、TVゲームの「ウイニングイレブンの2010」のイメージキャラクターとしてメッと共にCMにも登場、以前から日本文化に接していたこともあり、オファーのあったサガン鳥栖を選択したのかもしれませんね。

 

他にも、神戸に移籍したイニエスタ選手影響もあったのではないでしょうか。同じ、スペイン代表としてキャリアを積んできた両雄なだけに、イニエスタ選手からの助言があったのかもしれませんね。

どちらにしても、今から、イニエスタ選手との、対決が楽しみです。

 

 

Jリーグでのデビュー戦は?


F
・トーマス選手が所属していたリーガエスパニョーラは現在オフ。

ヨーロッパの各国リーグ開幕が、8月中旬以降であることを考慮にいれて、ワールドカップ後に、サガン鳥栖チームに合流し、試合出場までを1ケ月程度とみると、8月26日のベストアメニティスタジアム(ホーム)、ガンバ大阪戦ぐらいではないかと予想します。

背番号は?

背番号は、スペイン代表のころから、フェルナンドトーレス選手は、かつては世界最高の「9番」と言われたこともあった選手。

やはり、背番号「9」ではと、期待しますが、現在、背番号「9」は、趙東建選手が使用中。韓国の蔚山現代に期限付き移籍したFW豊田陽平選手が背負っていた背番号「11」は空き番号となるため、背番号「11」の可能性もありますが、ここは、背番号「9」のユニフォームを着たF・トーレス選手を見たいですよね。

 

 

  




まとめ

今回は、フェルナンド・トーレス選手のサガン鳥栖移籍基本合意から

F・トーレスはどんな選手?

F・トーレスが鳥栖に移籍した理由は?

・師匠とは?

Jリーグでのデビュー戦は?

・背番号は?

について調べてみました。

 

最後までご購読ありがとうございました。

 

あわせて読みたい
フェルナンドトーレス 移籍先が鳥栖に決定?師匠とは?イケメン画像もW杯ロシア大会で日本が決勝リーグに進出し、熱狂が冷めやらぬ中、日本サッカー界にまた、うれしいニュースが飛び込んできましたね! 元スペイ...

 

 https://manboupapa.com/monomanejapan-707 

 

https://manboupapa.com/worldcup2018samuraiblue-663 

 

あわせて読みたい
ロシアワールドカップ2018の放送時間NHKは?インターネット中継は!ロシアワールドカップサッカーついに始まりますね。 この大会はいままでにないほど、テレビ放送が充実しています。 NHK、NHK...

 

 https://manboupapa.com/worldcup2018tvhairaito-513 

 

https://manboupapa.com/worldcup2018goalkeeper1-464 

 

あわせて読みたい
サッカーワールドカップメンバー35名発表!西野新監督の経歴まとめ!ワールドカップロシア大会の予備登録メンバー35名が発表されましたね。しかし、メンバーの名前は公表されていません。この、予備登録メンバーの...