RWC2019

ラグビーワールドカップ2019のニックネームとエンブレムは?ランキングも!

ラグビーのナショナルチームには、各国々にニックネーム(愛称)とジャージの胸につけてあるエンブレムがあります。

 

今回は、ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する各国代表を世界ランキング順にニックネームエンブレムについて調べました。

 

最新(2019年9月)のワールドカップ2019出場国ランキングを上位順に、あわせてみていきましょう。

 




 

 

あわせて読みたい
台風18号ラグビーワールドカップ2019試合への影響は?米軍とヨーロッパの進路予想も台風18号のたまごが太平洋上に発生しています。 このままだと台風に発達する恐れがでできました。 ラグビーワールドカップ201...

 

あわせて読みたい
ラグビーワールドカップ2019ファンゾーンの会場と開催日は?パブリックビューイングまとめ!ラグビーワールドカップ2019では、全国の開催都市に、どなたでも無料で入場できる「ファンゾーン」が設けられます。 ファンゾーンとは...

 

あわせて読みたい
ラグビーワールドカップ2019の放送日程と会場は?地上波・ダゾーン・Jスポーツまとめラグビーワールドカップ2019のテレビ放送の日程と会場ついてまとめました。 さっそく見ていきましょう。 ht...

 

ニュージーランド代表
      (出典:allblacks.com)

ニュージーランドでは200種以上のシダの葉が自生し、中でも大木に成長するというシルバーファーンは、先住民族「マオリ」にとって信仰の対象といわれており、ニュージーランドの国章にも描かれている。

エンブレム シルバーファーン(銀のシダ)
ニックネーム オールブラックス
ランキング 1位

アイルランド代表
(出典:irishrugby.ie)

アイルランドでは葉が3枚にわかれている植物を総称してシャムロックといいます。

アイルランドの国花。
幸運のシンボルでもあり、三位一体を表しています。
エンブレム シャムロック(シロツメクサ)(三つ葉のクローバー)
ニックネーム
ランキング 2位


イングランド代表
     (出典:englandrugby.com)

英国王室の象徴であるイングリッシュローズ。

15世紀に起こったバラ戦争の勝者ランカスター家のシンボルが赤いバラだったとか、ラグビー生誕の地のラグビー校の校章が赤いバラなど。由来は諸説あるそうです。

エンブレム 真紅のバラ
ニックネーム
ランキング 3位
ウェールズ代表
      (出典:wikipedia.org)

スリーフェザーズはプリンスオブウェールズの紋章。

レッドドラゴンズは、ウェールズの国旗にも描かれる赤い龍から由来。

エンブレム スリーフェザーズ
ニックネーム レッドドラゴンズ
ランキング 4位


南アフリカ代表
  (出典:springboks.rugby)

南アフリカの国の動物スプリングボックが由来。

 

エンブレム スプリングボック(カモシカの一種) 
ニックネーム スプリングボクス
ランキング 5位


南アフリカ代表
    (出典:rugby.com.au)

オーストラリア全土をすばしっこく走り回る小型カンガルーのワラビーになぞらえてワラビーズ。

エンブレム ワラビー
ニックネーム ワラビーズ
ランキング 6位


スコットランド代表
(出典:scottishrugby.org)

アザミは、スコットランドの国花。王家の紋章にも使用されています。 

昔の逸話より、敵軍から夜襲の際、相手の兵士がアザミのトゲにより声を発したため、スコットランド軍が夜襲を察知できたため、アザミが大切にされています。

エンブレム アザミ
ニックネーム
ランキング 7位


フランス代表
      (出典:ffr.fr)

鶏はフランスの国鳥で祖先といわれるガリア人の旗印でもあるそうです。

ルコックスポルティフでお馴染みですよね。ちなみにiecoq(雄鶏)を意味するそうです。

エンブレム 雄鶏
ニックネーム レ・ブルー(青)
ランキング 8位


フィジー代表
  (出典:fijirugby.com)

ヤシの木はフィジーの国章に描かれている。

フライング・フィジアンズ「空飛ぶフィジー人」の由来は、変幻自在・自由奔放な戦い方からが由来。

 

エンブレム ヤシの木
ニックネーム フライング・フィジアンズ
ランキング 9位


日本代表
(出典:rugby-japan.jp)

ブレイブブロッサムは勇敢な桜の戦士たち。

桜の花の美しさと散り際のように、「正々堂々と戦い、敗れるときは美しく散れ」との思いがこめられています。

エンブレム
ニックネーム ブレイブブロッサムズ
ランキング 10位




アルゼンチン代表
      (出典:uar.com.ar)

ロス・プーマスは動物のピューマから由来です。

遠征時にジャガーをピューマと間違えて報道されてロス・プーマスと広まったそうです。

 

エンブレム ジャガー
ニックネーム ロス・プーマス
ランキング 11位


ジョージア代表
      (出典:it.kisspng.com)

ザ・レロスはジョージアの古いスポーツであるレロ・プルティからの由来です。

ボージガーレイはグルジア語で、ジョージア国の太陽のシンボル。
エンブレム ボージガーレイ
ニックネーム ザ・レロス
ランキング 12位


イタリア代表
 (出典:federugby.it)

19世紀イタリア統一運動のシンボルでもある三色旗。一般的に緑は国士、白は「雪.正義.平和」、赤は「愛国者の血・熱血」をあらわしています。

エンブレム イタリアの三色旗
ニックネーム アッズーリ(青)
ランキング 13位


アメリカ代表
   (出典:usarugby.org)

アメリカの国鳥であり、国章にもある白頭鷲。

自由・勇気・強さの象徴ですね。

エンブレム 白頭鷲
ニックネーム イーグルス
ランキング 14位


トンガ代表
      (出典:wikipedia.org)

イカレが鷲でタヒが海。海洋民族海鷲の愛称。

ホワイトダウは、トンガの国章にも描かれており白い鳩は平和のシンボルです。

エンブレム ホワイトダウ(白い鳩)
ニックネーム イカレタヒ(海鷲)
ランキング 15位


 

サモア代表
 (出典:manusamoa.com)

サモアの国章にもある南十字星、ヤシの木、オリーブの葉

エンブレム 南十字星、ヤシの木、オリーブの葉
ニックネーム マヌ・サモア(マヌは動物・猛獣の意)
ランキング 16位


ウルグアイ代表
  (出典:wikipedia.org)

ナンベイタゲリ(テロ)は、ウルグアイの国鳥からが由来です。

南米に生息するシギ・チドリ類の中で冠羽が唯一ある種類だそうです。

エンブレム ナンベイタゲリ(鳥類)
ニックネーム ロス・テロス
ランキング 19位

ロシア代表
 (出典:rugby.ru)

ロシアの国獣である熊をモチーフとしています。

エンブレム ロシアンベア
ニックネーム ベアーズ
ランキング 20位


カナダ代表
    (出典:rugby.ca)

国旗にも描かれているカナダのシンボルであるカエデの葉からメープルリーフス。

エンブレム メープル・リーフ
ニックネーム メープルリーフス
ランキング 21位


ナミビア代表
   (出典:namibianrugby.com)

ナミビアの国章にも描かれてあるサンショクウミワシが由来です。

ウェルウィッチアズは、国獣でもあるオリックスとともに勇気・優美さ・誇りを表しています。

エンブレム アフリカン・フィッシュ・イーグル(サンショクウミワシ)
ニックネーム ウェルウィッチアズ(ナミビアの植物)
ランキング 23位





 

まとめ

今回はラグビーワールドカップ2019日本大会に出場するか各国代表のニックネームとエンブレムについてまとめました。
調べてみて、ニックネーム・エンブレムともに各の国旗に描かれているものや、国を代表する動物や植物などが多かったのが印象的でした。
どれも国を代表して、国の威信をかけて戦うという強い決意が伝わりますね。
  • ニュージーランド代表
  • アイルランド代表
  • イングランド代表
  • ウェールズ代表
  • 南アフリカ代表
  • オーストラリア代表
  • スコットランド代表
  • フランス代表
  • フィジー代表
  • 日本代表
  • アルゼンチン代表
  • ジョージア代表
  • イタリア代表
  • アメリカ代表
  • トンガ代表
  • サモア代表
  • ウルグアイ代表
  • ロシア代表
  • カナダ代表
  • ナミビア代表